光脱毛って本当は痛いんでしょ!という方は読んでください

光脱毛って本当は痛いんでしょ!という方は、まずは
一通り読んでください。

脱毛をしようとしたときに必ず気になることといえば
「本当は痛いのでは?」
ということです。

確かに無理もありません。

直接抜く脱毛でもレーザーでも針でもそれなりの
痛さというものがあります。

むしろ「脱毛に痛さはつき物」という感覚で付き合ってきた人が
多いのではないでしょうか。

よって光脱毛を検討しているという時でも何かしら痛いんだろうな
という心配をしてしまいます。

光脱毛の場合、フラッシュ方式での照射になりますので一瞬です。

痛さの種類として「熱い」「染みる」「弾く」という表現がありますが
光脱毛はムダ毛が濃いと黒い色に反応して
輪ゴムで弾いたような衝撃がきます。

ですがカウンセリングでムダ毛の程度や肌の状態などを見た上で
照射レベルを調整してから脱毛処理をしますので、
最近では痛くない場合が多くなっています。

人により感覚は違いますが、痛みを感じやすい部分はデリケートな
部分の脱毛、つまりわきやVIOラインの部分です。

毛も太く生えますし、痛みを感じやすいのでこの部分の脱毛に
関しては痛みを感じる可能性があります。

ですが一回目の脱毛では若干、痛みを感じたとしても回数を
追うごとにムダ毛が薄くなり痛みもなくなってきます。

他の脱毛法に比べると逆にデリケートゾーンでの脱毛に向いている
脱毛方法でもあるのです。

大手の脱毛エステの場合ではそれ程痛みを感じないという意見も
多く聞かれます。

実際に脱毛中の感覚では光が当たっている分、ちょっと温かいという
感覚のうちに脱毛あっという間に完了しているという感想が多いです。

光脱毛はレーザーとよく比較をされることが多いのですが、
痛さに関しては確実に光脱毛の方が痛くありません。

レーザーで確実に脱毛したいけれど痛さと予算で考えると
光脱毛の方が無理がかからないという事になります。

検討した結果、光脱毛を選択している人が多いということです。

色々な脱毛方法で考えても光脱毛は一番痛くない脱毛になります
ので光脱毛をする際に痛さを心配する人はカウンセリングの際に
確認をするようにしてください。

説明を聞いた上で判断をするようにしたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ