レーザーと光脱毛それぞれの違いをはっきり申し上げます

脱毛をする時に多くの人がレーザー脱毛と光脱毛の2つでどちらを選ぶべきか、
悩むことになると思います。

それではレーザー脱毛と光脱毛の違いとはどんな所かと言いますと…

レーザー脱毛は皮膚科やクリニックなどで行う医療脱毛ということになるのです。
医師によってレーザー脱毛器を扱い、施術することになります。

一方、光脱毛の方は光を照射することによってムダ毛を処理することになります。
光脱毛の場合は多くが脱毛エステで使用している機器になのです。

永久脱毛を希望する人の場合、最終的にはレーザー脱毛になります。

理由は永久脱毛という扱いに認められているのがレーザーと針による脱毛の
2種類のみなのです。

レーザー脱毛は医療脱毛ですが、自由診療、つまり保険が認められていません。

よって、レーザー脱毛の場合はどうしても金額が高くなってしまうという点と
痛いという意見が多いです。

あまり痛さを感じない部分では痛くないのですが、痛さを感じやすいデリケート
な部分の脱毛はやはり痛いという意見が多くなります。

一方、光脱毛のほうはレーザーに比べて金額が安く脱毛できるという部分と
痛さをあまり感じないという意見が多いです。

よく各脱毛エステのサイトでも説明があるように「輪ゴムで弾いたような痛さ」
というのは正しい表現だと思います。

場所によっては照射しているということしかわからないということもあります
のでデリケートなVIOラインなどの脱毛も利用している人が多くなります。

光脱毛の場合は6回ぐらいでかなり目立たなくなることが多いです。

完全に光脱毛で脱毛したいという人の場合、10回ぐらい脱毛をしたほうが
良いともいわれています。

永久脱毛というわけではありませんが、6回ぐらいでほとんどお手入れを
しなくても良いぐらいの効果はあるので多くの人が利用しているのも納得です。

金額面や痛さの面を考えると光脱毛の方がお手軽に脱毛できるということもあります。
なので完全に永久脱毛したいという人はレーザー脱毛を選ぶようにしたほうが良いです。

手軽な金額で痛くない脱毛がいいという人は光脱毛を選ぶと良いでしょう。

これがレーザー脱毛と光脱毛の違いと、選ぶ上での大きなポイントとなります。
 

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ